花田歯科医院

福岡市東区「花田歯科医院」|噛み合わせ治療に取り組む歯科医院です。

初めての方へ

噛み合わせ治療

医院紹介

診療内容

お口の話

アクセス

 

EPARK

 

HOME»  診療内容

診療内容

むし歯、歯周病の治療は当然のこと、噛み合わせ不全の治療、歯列矯正治療やインプラントによる再生医療、ホワイトニングにまで、口腔内の問題や悩みに向き合ってトータルな治療を行っています。

 

噛み合わせ外来

噛み合わせ外来


噛み合わせ外来

 

花田歯科医院では、噛み合わせの異常が原因での治療に力を入れています。

噛み合わせの異常とは、姿勢の悪さ、悪習慣、片側噛みなどの日常生活習慣によるわずかな噛み合わせの異常でも、歯の噛み合わせの正しい位置からのズレで、顎、顔面の筋肉や骨格系に歪みが生じ、この影響で頸椎の桿軸関節の歪みが起きて、脊椎側弯、腸骨の歪みなど全身のいろんな部分に様々な不快症状を起こし、噛み合わせが関連して起きる病気のことです。

「私達は噛み合わせがズレている?」と自覚できる人は少ないでしょう。
ましてやそれで、偏頭痛や喉の閉塞感、首や肩の凝り、手の痺れ、腰痛、膝通などの症状が起きるとは想像にもしないことではないでしょうか?
噛み合わせのズレは、筋肉を歪ませ、筋肉が付着している骨格系をズラしていきます。
このことから全身のバランスが崩れて、いろんな変調や不調が身体に生じてきます。
また、この逆のケースで膝痛や腰痛が原因で噛み合せにズレが起きてもきます。

噛み合せの正しい位置基準はあるのでしょうか?

医療用検査機器の発達で、検査測定はできるようになっていますが、このような機器での治療による処置はできません。あくまでも医療術者によるものです。

私達は経時的(加齢)生理現象で身体変化していきます。
歯も同様に摩耗し、磨り減って形も変わってきます。歯周病による歯のグラつきも噛み合わせ変化が起きるために様々な影響を身体に及ぼします。 噛み合せの調整は、噛みこんだ時の左右、前後の全体のバランスを整え、機能時の干渉部位を取り除いてバランスのとれたスムースな顎の動きを整えることによって、顎顔面から身体各所の諸症状の改善が行われます。

 

歯周病外来

当院は歯周病治療にも力を入れてやっています。
歯周病は歯肉炎と歯周炎とに別けられます。

歯との間や歯ぐき(歯肉)との境目などブラシで除去し難い所に付着する歯垢(プラーク)。
このプラークの塊そのものが細菌群で、細菌が原因の感染症で歯を支える歯ぐき(歯肉)や骨の病気のことです。初期症状としては、歯ぐき(歯肉)が歯と接触する周辺が少し発赤、腫れますが、痛みの自覚症状はありません。さらに進行すると歯の周りの歯ぐき(歯肉が)では、発赤、腫脹の範囲が広がり、炎症が拡大します。

ブラッシングの時、歯ぐきに軽くあたるだけで出血し、歯の支持組織である歯槽骨が崩壊し続ける為に歯が動きだし揺らぎだしてきます。

この様に歯が動きだすことによって、歯への接触状態変化が起こってきます。即ち、噛み合せの異常変化が起き、歯どうしの早期接触や干渉が支えとなる歯槽骨への破壊へと追打ちをかけるのです。

このことから、噛み合わせの調整改善、細菌感染症による歯周病への正しいブラッシング、定期的なプロによる(医療者)口腔内清掃の予防医療を行われると健康への実感を伴われるでしょう。

 

歯周病外来
 

歯周病外来

 

歯周病外来

 

入れ歯外来

入れ歯(義歯)には総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(局部義歯)があります。

大方の人は噛み癖が有り、左右どちらか一方の食べやすい側で食事をされているでしょう。
義歯の方の歯は磨り減り易く、局部義歯では残りのバネ(クラスプ)の掛かった歯にダイレクトに噛んだ時の力が掛かり、その歯の動揺や支持組織である歯槽骨の吸収、変形が起こり、これにより更に義歯のガタツキが起こってクラスプの掛かった歯には荷重で無理な力が掛かり、歯を失う結果となります。
総義歯でも、歯のすり減りにより、噛み合わせたときに義歯のガタツキが起き、歯ぐきの痛みや義歯の脱離現象が起こります。
義歯を支える歯槽堤の変形とかでもない限り、噛み合せを調整して、整えることで痛まない、食事が美味しく食べられる義歯に改善できます。

 

入れ歯外来

 

医院情報

医院情報

 

診療時間
〒813-0032 福岡県福岡市東区土井1-21-6
花田歯科医院
TEL:092-691-2486